ダイエットで内臓脂肪を落とすためのコツ

内臓脂肪の解消

かくれ肥満の原因にもなるのが内臓脂肪ですが、適したダイエット方法によって解消することができます。普段の食事で、どのくらいの脂質を摂取しているかを把握することが、内臓脂肪の除去のポイントです。油は高カロリーなので、摂り過ぎるとカロリーオーバーになりやすいことを意識して、食事を見直しましょう。油を使いすぎない料理を心がけることが、健康のためには必要になります。

f:id:Monitoring-calories:20210409060044j:plain

内臓脂肪を意識した食事

ダイエット中にお肉を食べるのなら揚げ物より、焼いたもの、茹でて油を落としたものにしましょう。鳥皮は脂質が多いので食べない、鶏肉はささみや胸肉など脂質の少ないものを使うといった工夫もダイエットに効果的です。たんぱく質を摂る場合には肉よりも魚の方が脂肪分が少ないので、ダイエットには向いています。和食よりの食事にして、洋食の頻度を減らすことで、内臓脂肪対策に効果的な食事を摂ることができるでしょう。

f:id:Monitoring-calories:20210409060034j:plain



内臓脂肪と糖質の関係

内臓脂肪を増やす原因に、糖質があります。甘味や、夜食などは、量を意識せずに食べ過ぎる傾向があります。酒を飲む時には、つまみもあったほうがいいという人は、無意識に食べ過ぎることが内容に、量をセーブすることが大事です。炭水化物の摂取にも気を配り、ダイエットするのなら玄米に変えるとか、小さいお茶碗に変えるなど工夫しましょう。積極的に体を動かして、運動に必要なエネルギーをまかなえるよう内臓脂肪の分解を促し、痩せるという方法もあります。

f:id:Monitoring-calories:20210409060040j:plain